公益財団法人全国教誨師連盟

 我が国において、刑に服している者に対して、宗教的立場から教化に尽力した高僧たちの事績を種々の伝記類にみると、遠く平安前期に遡ることができる。
 近代については、石碑横の説明書きのとおりである。


近代宗教教誨について
 
 我が国における近代の宗教教誨は、真宗大谷派の僧侶城西寺啓潭が名古屋監獄(現・名古屋刑務所)の前身である徒場に囚人教化を請願し、明治5年(1872)7月に認可を受けて実施したことに始まる。
 時を同じくして各地において、他の宗教家
 
から同様の請願がなされ、順次認可されて宗教教誨が行われるようになった。
 爾来、百三十年余の歳月を経て、多くの教誨師の研鑽努力により、それぞれの宗教観に基づいた指導を行う教誨の形となった。
 ここに、近代宗教教誨の始まりを明らかにし、宗教教誨の必要性と重要性を宣布するとともに、宗教教誨への情熱を忘れることなく、更なる発展を目指すことを誓い、愛知県教誨師会が発起人となり、記念碑を建立する。

宗教教誨の始まり